2020年11月28日

Girls' tea party (子供のお茶会)

薔薇の花模様の小さなティーセット。
子供たちのお茶会のために作られました。
私が子供の頃おままごと遊び用に買ってもらったティーカップに似ているけれどこちらはおままごとではなく本物のパーティ用なので作りもしっかり細部までこだわりが感じられます。

デミタスサイズのカップを小さな手が握っていたことを想像するだけで微笑ましいですね。


幼い時から陶器のカップで友人たちをおもてなししたり、またはされたりしながらお作法を学ぶ。豊かでエレガントな時代の名残を小さなティーセットに垣間見ました。

余談ですがただいまポタリーカフェで使用している食器は戦後のイギリスで大量生産された業務用食器です。特に学校給食で使用されたと聞きます。
おしゃれな環境で育つ子供たちの感性がおのずと磨かれるのも納得できます。
壊れることを恐れず美しいものを日々の暮らしで使ってあげたいなと思います。










 

2020年11月27日

Knitwear exhibition (手編みのセーター)

手編みニット展。いよいよ最後の週末を迎えました。
何色もの色を紡ぎながら一つの図が完成する編み込みのセーターたちに魅せられています。


今年は自分のために一枚求めました。
チャコールグレイのカーディガンはどんな色のお洋服にも組み合わせやすく深い赤のお花が元気を誘います。

袖口にもお花の編み込み♡

試着してしまったらもう脱げなくなってしまいました~。
こちらを今年の冬のお仲間にいたします。

週末のお天気は良好との予報です。
ぜひお誘いあわせの上お出かけくださいませ。










 

2020年11月26日

House of pottery today (おはようございます。)

 

抜けるような青空の鎌倉山。
本日も10時~18時まで営業しております。

ポタリーカフェ。 
早朝からキッチンでランチやアフタヌーンティーの仕込みをしています。
11時よりお客様をお迎えいたします。
尚、冬時間中のため17時にクローズさせていただきます。


アフタヌーンティのトレイもクリスマス色。ミンスパイが加わりました。
Afternoon Tea \ 1,800 + tax
ポタリーではわんちゃんも大歓迎です。
お庭、コンサーバトリー内にて一緒にお食事ができます。
モフモフのお友達たちをぜひお連れ下さいませ。












2020年11月25日

Relaxation salon (リラクゼーションサロン晴屋)

今年の夏の始めにポタリーのクライアントで友人でもある栄 久晴さんが鎌倉小町でもみほぐし中心のリラクゼーションサロンを開く予定だとお聞きしました。
その後若宮大路沿いのビルの2階の陽当たりの良い明るい店舗と出会いお話はとんとん拍子に進みました。

改装工事はオーナーの栄さんのお考えを聞きながらまとめましたがほぼお任せで空間づくりをさせていただきました。
もみほぐし、足つぼ、タイ古式マッサージ等多様なメニューに併せてお部屋のイメージも変化しています。

今日は内装工事がほぼ終了しました。この後は照明器具、家具、カーテンなどが加わります。



リラクゼーションサロン晴屋(ハレルヤ)。
12月23日プレオープン予定。
完成しましたらまたお知らせします。
栄さんの暖かいお人柄に沢山の人たちが集うショップになることと思います。
楽しみにしています。










 

2020年11月24日

Wood-burning stove (薪ストーブ)

 

小春日和の日々が続きましたが予報通り連休明けから寒くなりました。
ポタリーの冬の風物詩、薪ストーブ。煙突掃除を済ませ今日からフル稼働します。

ストーブが付くといつもバーティがぬくぬくしていた窓際のベッド。
今年からは彼の姿が無くて寂しい限りです。
今頃は虹の橋の上を羽をつけて飛んでいるかしらと想像します。


おまけの写真。
ちょうど一年前のバーティ。
なつかしいな。

2020年11月23日

Japanese sweets (和菓子)

ポタリーカフェでお出ししているイギリスのケーキはざっくりとした仕上がりとホームメイドならではの優しさいっぱいです。
イギリスのお菓子がとても好きですが同時に大の和菓子ファンでもあります。
精巧なデザインと品の良い甘さはそれだけでアートと言えます。

少し前にお茶を嗜むスタッフの聖子ちゃんからこんなに美しい和三盆をいただきました。
本物かと見まがう貝の砂糖菓子。目で楽しみ緑茶といっしょに頂きました。

甘いお砂糖菓子だけでなくお煎餅も大好きです。
友人が届けてくれたあられ。沢山のお味の吹き寄せです。
茶事に欠かせない吹き寄せは色とりどりのお干菓子を中心に季節感をだします。
関東ではお干菓子に小さなお煎餅なども加わるとのこと。地方色も豊かですね。

日本の文化の奥深さを和菓子から学びます。
同時に菓子につけられた名前からもデリケートな日本語の奥行きを感じます。

吹き寄せを見ながら晩秋の光の中で風に舞い集まってくる色とりどりの落葉が想像できるのも日本人だからですね。








 

2020年11月22日

Gifts from the garden (ローズヒップティー)

 

暑い夏を過ごしたオールドローズたちは涼しい秋に赤い実を実らせます。
ローズヒップはビタミンが豊富で血行を促進し風邪の予防(特に引き始めに効果あり)になるなどこれからの季節にありがたい作用をしてくれます。

フレッシュなままお茶としていただくときは半分にカットして種を取り除くひと手間加えます。

一人分をティースプーン1杯を目安とし今日は3人分を入れました。

ほんのりピンク色のフレッシュティー。
またお庭から贈り物をいただいたなーと感謝の一杯です。
来週から気温が下がるとの予報です。
皆様お元気でお過ごしください。