2018年9月24日

Apple crumble (アップルクランブル)

 ご機嫌いかがですか?
りんごの季節到来です。お料理用のりんごとして近年日本でも生産が始まったBramley Apple(ブラムリー) 。イギリスのスーパーでジャガイモのような姿で販売されていたのが印象的でした。酸味が強くて生ではおいしくないけれどお料理に使うと本領を発揮します。
 一番人気があるのはアップルクランブル。焼きリンゴにそぼろのようなクランブルをかけてオーブンで焼きます。お食事をしているときにオーブンに入れておけばデザートとして熱々のままテーブルへ運べます。

このタイプのお菓子は気どりがなくたっぷりいただけるところが魅力。寒い時期に温かいデザートとして不滅の人気を誇っています。



クランブルに欠かせないのがカスタードです。とろりとしたカスタードを大きなジャグに入れてたっぷりかけていただくのがイギリス流。

ポタリーの今週のお菓子はアップルクランブルです。熱々のカスタードと共に召し上がりにいらしてください。

2018年9月23日

Salt (岩塩)

 ご機嫌いかがですか?
オーストリア、ザルツブルグのお土産の岩塩。
可愛い袋に入って届けられました。

抗酸化作用があるのでバスソルトとして使うと体が温まりお肌がつるつるになるとのこと。
一日の終わりのバスタイムが楽しみになりました。








姿は岩石のようですが砕いて細かくしオリーブオイルに加えて生野菜と一緒にいただくと美味。シンプルですが甘味のあるお味になるそうです。

また湿気を吸収するので湿度の溜まりやすいパウダールームやクローゼットの中に置いてみるのも良いアイデアですね。

綺麗なピンク色の岩塩。自然の作ったアートですね。普段何気なく使っているけれどお塩にはずいぶんたくさんの効用があることを再確認しました。




2018年9月22日

Afternoon Tea (3段トレイ)

 ご機嫌いかがですか?
友人に誘われて目黒のアンティークショップ、Kentのリニューアルパーティへ行って参りました。
英国つながりで知り合えたお仲間たちとひとしきり談笑をしているとオークの3段テーブルにたっぷり盛られたお料理が供されました。

お料理担当者たちは三越の英国展でアフタヌーンティーを作っていらした方たちとのこと。
ダルメイン邸のティールームのお味の再現をここでも再び楽しませていただきました。
3段トレイのテーブル。
アンティークらしい光沢と貫禄が見られます。
きっと広いダイニングのある家でつかわれていたのでしょうね。
日々使用するものは機能のみでは味気なく、かといって美しいけれど使い勝手が悪くてもいけません。
機能とフォルムが一致して初めて美しい家具と言えますね。

おまけの写真。
こちらはレンタルキッチンです。
本日のお料理はここで作られました。
アンティークの作業テーブルやツールもぴかぴかで現役でお仕事をしています。
このスペースは5時間単位でお借りできるとのことです。

目黒線の不動前から徒歩5分。
内輪のパーティなどで使ってみたい空間でした。

Kent:
kent-uk.com




2018年9月21日

Easy Cooking (今夜のご飯)

 ご機嫌いかがですか?
冷たい雨の週末となりました。気温が下がると温かいものをいただきたくなります。
今夜の簡単メニューはお鍋一杯の野菜のスープとダッチオーブンによる蒸し鶏です。
 疲れたときや風邪気味の時にお薦め。ショウガと白菜のスープです。細かくみじん切りにしたショウガは先にごま油とオリーブオイルで炒めておくと辛みが減って美味しくなります。

疲れたときにいただくと元気がでます。
 ガスコンロを換えてからほぼ毎日使うダッチオーブン。お肉や野菜などを適当に入れてサラダオイル、お酒、みりん等を加えてオーブンで蒸し焼きにします。タイマーで自動的に作ってくれるので調理中に他の仕事もできます。
忙しい主婦の味方ですね。
 今夜は鶏モモ肉に山芋と長ネギ料理。
隠し味に入れた黒酢が美味しさを引き上げてました~。お薦めです。

2018年9月20日

Bricks (レンガの家)

 ご機嫌いかがですか?
新座の家。フロントドアが付きました。この扉がこれから住まう家族とここを訪れる人々を迎え入れる家の顔となります。

たくさんの人たちのために仕事をしてきたアンティークのドア。経年し益々美しい表情を見せてくれます。

この扉のキャラクターを大切に工事は進んでまいります。



外壁の下地が出来上がったので今週からレンガ積みが始まりました。約2万個のレンガをコツコツと積んでいきます。
日本の風土に合わせて湿気が溜まらないような工夫がされていました。家を大切にする職人さんたちの気遣いが感じられますね。

現場を訪れるたびに様々な技を発見し敬服しています。






2018年9月19日

The Best Friends (親友のしんご)

 ご機嫌いかがですか?
バーティの大親友のしんご。今年もまた八ヶ岳までバーティに会いに来てくれました!
5歳年下のしんごにとってバーティはちびだけれどお兄ちゃんです。ちびでかコンビでたくさんの思い出を作ってきました。

しんご10歳。
バーティ15歳。
大切な時間をいっしょに過ごしています。二人ともとても元気なのでまだまだたくさん遊べそうですね。


八ヶ岳周辺には愛犬といっしょに過ごせるお宿やレストランがたくさんあります。
愛犬と共に楽しめるのは嬉しいことですね。

9月の八ヶ岳は朝晩めっきり涼しくなりましたが犬族にとってはちょうど良い陽気のようです。


本日のお昼ごはんは冨士見のカントリーキッチンさんでいただくことにしました。
しんごとバーティを伴いテラス席へ案内してもらいました。

お店の方たちもとても感じが良く親切。ゆっくりさせていただきました。お薦めのお店です。
愛犬が一緒の方には特におすすめ。

Country Kitchen :
restaurant.country-kitchen.info/index.html



おまけの写真。
私たちがお食事をしている間中じっと待っています。必死の様子に笑ってしまいました。
バーティ、いつも一生懸命ね。

2018年9月18日

Wonds Worth (原村のプチホテル)

ご機嫌いかがですか?
今日の原村。ここを訪ねるときはいつも八ヶ岳ブルーの空を仰ぐ良いお天気です。湿度が低い上に陽ざしが白く透明なせいかイギリスの夏を思い出す陽気でした。

プチホテル、WondsWorthの改装も着々と進んでいます。


 夕刻に棟梁の仕事場を訪ねました。周囲はのどかな田園の景色。羨ましい環境でお仕事をしていらっしゃいますね。


 家の原型とも言える可愛い平屋のコテージが本日の打ち合わせ場所です。
大工さん、建具やさん、左官屋さん、板金屋さん、塗装屋さん、家具屋さん等のスキルが詰まった小さな家。
 足場板を組んで製作したという大きな引き戸。するする開けると正面に細長いスリットのような大きな窓が見えます。夏場は窓を開け放しているので外の景色が絵のようです。窓が景観を取り込むフレームの役割を果たしています。
シンプルで機能的な家具もこの家のコンセプトを物語っていますね。

居心地が良くて打ち合わせのお話も弾みました。

ありがとうございました。

2018年9月17日

Gardening (庭仕事)


 ご機嫌いかがですか?
久しぶりの晴れ間。夏の間放置していたお庭の手入れをいたしました。
小さな空間ですがあちこちにベンチや椅子を配置し休憩して植物たちを眺められるようにしています。



花壇の中に設置したベンチも20歳になりぼろぼろになってきましたがまだ現役でお仕事しています。
この位置からは来客が一望できるのでひそかにウェルカムベンチと呼んでいます。



めだか観賞用のベンチ。



一番好きな椅子からはお庭が一望できます。
朝からせっせと雑草を抜いたり剪定をしたおかげでお庭がさっぱりしました。

この庭ももう15年目。そろそろ植物たちの植え替えの時期のようです。冬の始めに時間をつくって大改造をしたいなと考えています。


 おまけの写真。
ベンチを直してくれた大工さんのプレゼント。
サプライズでお庭に設置してありました。
以前のバードフィーダーがボロボロになり餌がこぼれていたので新築してくれました。

小鳥たちが喜んでくれると嬉しいな。