2021年4月11日

Kamakura Guide (鎌倉巡り)

 気持ちの良い日曜日。お散歩途中にお寄り下さるお客様たちで鎌倉山もにぎわっています。

鎌倉は季節を問わず訪れる人たちでにぎわう街。地元の私たちも気が付かない新しいお店やカフェも年々増えています。鎌倉をテーマに発信するオズマガジンにご近所のギャラリーが紹介されました!

ご近所にオープンした器のギャラリー、Petal (ペタルさん)。
店主のシャハニ千晶さんがこちらで予約制のスパイス料理のワークショップをなさると聞き及びぜひ訪ねたいと思っています。
義理のご両親がインドから訪ねられた時、お二人の住居の準備が整うまでポタリーのフラットにお泊りくださいました。楽しい思い出もあり素敵なご家族がご近所になったこと嬉しい限りです。

30年前にハウスオブポタリーをオープンした時、鎌倉山にはほとんどお店はなかったけれど近頃は随分沢山の自宅ショップが出来てきました。鎌倉山を散策し、美しいものを拝見し、美味しいものをいただける場所として沢山の方たち知っていただきたいです。

鎌倉山のご近所ショップとしてシャハニさんにポタリーもご紹介いただきました!


おまけの写真。
オズマガジンさんが江ノ電とタイアップしInstagramフォトコンテストを開催します。
インスタグラムに指定のハッシュタグを付けて投稿された作品の中から選定。
入選するとオズマガジンの誌面やWEBオズモール、江ノ電の車内吊革や駅貼りポスターに掲出されます。







2021年4月10日

Roses (薔薇たち)

 寒い週末を迎えました。暖かい春の陽気が続いただけに今日はぴしゃりと手を叩かれた気分です。でもお庭の花は元気。着々と出番を待っています。

今年最初に咲いたのはナニワイバラ。去年より早く開きました。

ランブリングレクター(上)、イスパハン(下)もたくさんの蕾を付けています。

虫が付いたり葉が病気になることは鎌倉の気候では避けられません。でも土を入れ、肥料を加え丁寧にお手入れをしてあげるとまた元気に復活し花を咲かせます。
薔薇は強い花ですものね。

こちらは3年目のローズ、トレジャートループです。一度も花を咲かせずにシュートを伸ばし続けて巨大になってきました。今年は咲くかしらと毎日ながめていたら、、、今朝蕾を発見。今年は初めての花を見せてくれそうです。

1ケ月後の庭は大きな変貌を見せている予定です。バラやアリウム、ジギタリスなど夏の花々でにぎわう様子を想像しています。










2021年4月9日

Rosa Banksiae (モッコウバラ)

 数年前にアトリエドゥフルールの徳原さんが植えた白いモッコウバラ。今年初めて花が咲きました!


大きくなってきたので年末に不要なシュートを切り肥料をたっぷりあげました。黄モッコウバラより少し遅く開花します。常緑で一年中葉を付けた状態で冬を越すので寒い時期もにぎわいを見せてくれるありがたいバラ。

アイアンのフェンスに絡まり道行く人たちを見つめています。

モッコウバラの名、Banksiaeは植物学者ジョセフバンクスの夫人にちなんでつけられたそうです。18世紀にプラントハンターとして大活躍したバンクスにとって中国原産の棘のない薔薇はとても魅力的に見えたのでしょう。
この花の言葉は;
純潔。
ぴったりですね。

おまけの写真。
アトリエドゥフルールのお花の定期便。
大きな花瓶にどっさり生けこみました。いつもは小分けにするけれど今回はこのまま贅沢に楽しみます。








2021年4月8日

Pottery today (外壁工事終了しました!)

 約1ケ月かかった外壁補修工事が無事に終わりました! 足場も撤去されすっきり。長い間駐車場が狭くなりお客様には大変ご迷惑をおかけいたしました。

家のメインテナンスの中でも特に重要な外壁と屋根の補修工事。1戸建ての場合は10年ごとに補修することが推奨されます。こちらの建物はあっという間に時間が過ぎ18年も経ってしまいました。壁面にクラックが入ったり陸屋根から雨水が侵入したりし始めていましたが熟練した職人さんの手により綺麗に蘇りました!

綺麗になると気持ちも華やぎますね。


おまけの写真。
以前は薄いグリーンだった玄関ドアを黒に塗り替えました。
カントリー調だった扉が急にスタイリッシュに変化しました。色のマジックです。







2021年4月7日

Pottery Cafe today (カフェケーキ)

 おはようございます! カフェの本日のフードたち。準備完了しました。


カフェカウンターの上にずらりと並んだケーキたち。テイクアウトもできます。

上からイングリッシュマドレーヌ(桜フレーバー)
抹茶のケーキ
シムネルケーキ(しっかり中身の詰まったフルーツケーキ)

ビクトリアサンドイッチ(特製ラズベリージャム入り)
キャロットケーキ
ショートブレット&スコーン。
シンプルなお菓子ですがお味はとてもデリケート。ほんの少しの匙加減で美味しさが決まります。

大好物のミートパイ。焼きあがりました!

ひとつでお腹がいっぱいになります。
暖かくても冷めていても美味しさは変わらないのでピクニックのお供にピッタリです。
こちらもテイクアウトできます。ぜひご利用ください。

カフェは火曜日から日曜日まで11:00~17:00まで営業しています。









2021年4月6日

Fig (嬉しい発見)

 ポタリーガーデンの木々は実の生る木が中心。昨年新しく植栽したイチジクの木に小さな実が生りました!

白い壁に沿って枝を誘引する予定です。まだ小さいけれどいずれ壁面全体に枝が這いイチジクの実が生る光景を想像しながらお手入れしています。



イチジクにはミネラル、カルシウムや鉄分が豊富に含まれています。生のままでも美味しいけれどコンポートにしたりケーキと一緒に焼いたり様々な場面で活躍します。
初めてのポタリーイチジク。大きくなるのが楽しみです。










2021年4月4日

 橋崎幸江ジュエリー展2日目。今日も沢山のお客様にお出かけいただきました。

橋崎先生の作品の中でもひときわ目を引くシルバーウェア。
1枚の板を切り取り叩いて形を作るそうです。


本体を銅で作り純銀のアイビーで装飾されています。
小さなアート。そばにあるだけで豊かな気持ちになりそうです。
シルバーのオーバルプレート。お料理だけでなく花器としてもご使用いただけます。
こちらのディッシュにサラダやお魚料理を盛り付けたらお料理が引き立ちそうですね。

ラピスラズリの埋め込まれたサラダサーバーとお揃いで使いたい一品です。

明日月曜日は休廊です。4月6日火曜日11時よりオープンいたします。
皆様のお越しをお待ちしています。















2021年4月3日

Pottery Gallery in April (橋崎幸江ジュエリー展)

本日よりポタリーにて橋崎幸江先生(すみす工房)の彫金とジュエリーの世界をご紹介いたします。

ときめく心、大空へ:
シルバーのバルーンブローチが今回の展示会のコンセプトです。
ちょうど1年前の4月に開催を予定してましたが昨年はコロナ禍のため断念。1年ぶりの開催となります。1年間待った甲斐があり橋崎先生のジュエリーのみならず生徒さんたちの作品も出展され見ごたえがございます。

橋崎先生の作品に登場するジュエリーの中でもひときわ素敵に輝くパール。今回も様々な場面で登場しています。


ブローチ、ネックレース、リング等これから順番にご紹介いたします。
ぜひ鎌倉山までお出かけくださいませ。

会場:ハウスオブポタリー
期間:4月3日(金)~ 4月16日(金)但し月曜休廊
11:00~16:00





 

2021年4月2日

Pottery garden in April (4月の庭)

 暖かく過ごしやすい毎日ですね。この時期の庭は毎日新しい発見があります。



アリウムトリケラム。元気で可愛いネギ科の花です。今年も沢山の家族を増やしました。
可憐な見かけに似合わず逞しい花であらゆる場所で生息できます。株をお分けしますので欲しい方はお声かけください。

バーティの薔薇。元気です。まもなく天使たちも花に埋もれて見えなくなりそうです。
今年は2年目。たくさんの花を咲かせてね。
意外な場所(植えた記憶が無い所)で芽吹く植物たちを見つけました。
自由自在にお引越しをし新しい住処で花を咲かせます。
今年はオルレアとゲラニウムが大家族を作っています。一斉に花が開く5月が楽しみです。

小さな庭が届けてくれる驚きや癒しは言葉で表現できません。
花たちの一瞬の輝きを目にとどめておきたくて今日もせっせと庭仕事をしています。











2021年4月1日

Renovation (古民家改修)

 昨年10月から改修している江の島の古民家。解体工事から数えると半年近くかかってしまいましたがようやく内装が始まりました。築90年の建物のディテールを壊さずに耐震補強をしながらコツコツ作業しています。




おまけの写真①
昨年の夏、初めて現場を訪ねたときの様子です。
仕上げ工事が進んできたらまた報告しますね。


おまけの写真②
こちらは続きで行うお蔵の改修工事。今はただ壊しているだけですがこれからどんどん変化する予定です。私が紙に書いているプランを職人さんたちの腕で現実に仕上げていきます。熟練した腕を持つ職人さんチームに脱帽です。